Blog Post

News from FAUN TIME
14 6月 2008

ポール・アンカ「ダイアナ」

我々の様なバンドは必ずレパートリーに入れなければならない曲ですね(笑)
ポール・アンカはカナダ出身のシンガーソングライターで
この「Diana/ダイアナ」はなんと16才の時に出したデビューシングル。
しかもそれがビルボード1位になってしまったという快挙!

元々は弟のベビー・シッターに片思いしたポールが若さに任せて書いた曲です。
で、1957年にABCからデビューするわけです。
(このYoutubeはRCA移籍後の再録バージョンです)
このSAXメロが鳴り響いた瞬間に「ああ!」と思うほどの名曲。
50年以上前の曲ですから、そりゃあたいしたもんです。
我が日本でも山下敬二郎さんがカバーしてヒットさせましたね。
「君はボクより年上と~♪」ですな。

彼は映画「史上最大の作戦」にチョイ役で出たりとか
フランク・シナトラに「My Way」を提供したりしながら
未だに(しぶとく?)健在で頑張っておられます。

2005年にはアルバム「Rock Swings」をリリース。
これがなんとハードロックやグランジの曲をジャズにアレンジした
カバーアルバムで、ちょっとおもしろい出来になってます。

Nirvanaの「Smells Like a Teen Spirits」をジャジーに歌い上げるポール!
・・・しかし、ギラギラしたおっちゃんになってますなあ(笑)

ポール・アンカはまだまだ名曲があるので追って紹介していきます。
お楽しみに~

|