Blog Post

News from FAUN TIME
16 6月 2008

ファンキー・ビューロー「クラップ・ユア・ハンズ」

さてディスコバンドという側面も持つ我々FAUN TIME。
50’s-60’sオールディーズだけでなくディスコソングのよもやま話も書きましょうか。

「クラップ・ユア・ハンズ / Clap Your Hands Together」

1976年にリリースされたファンキーチューン。
この曲もどれだけ探してもライブ映像はありません。

それもそのはず。
このファンキー・ビューローというバンドは実は我が日本のバンドなのです!
ディスコブーム夜明け前だった1976年にサトシ”ハッスル”ホンダさんという人が
プロデュースしてリリースされた曲なのです。
(アルバムもリリースされています)
ヴォーカルはジャマイカ人の黒人男性であとは日本人のこのバンド。
21世紀の今になって、世界のディスコマニアの間では
「レアソング」として非常に高価でやりとりされてるとか。

当時は各レコード会社がこぞってディスコソングを模索していた様で
他にも「Dr.ドラゴン&オリエンタル・エクスプレス」というユニットの
(実はあの筒美京平大先生が主催のユニット!!!!)
「セクシー・バス・ストップ」なんぞが有名ですね。
若き日の浅野ゆう子さんが歌詞付きでスマッシュ・ヒットさせてましたね(笑)

あのライオネル・リッチーが在籍していたコモドアーズ(!)もまだ売れないときに
東京のディスコでライブしたりしてキャンペーンしてたらしいんですが
いやあ、そんな時代にオトナとして過ごしたかったなあ。

話を戻して、ドラムのフィルから始まるエキサイティングなこの「クラップ・ユア・ハンズ」は
FAUN TIMEではSakuraがひっじょーにファンキーに歌っております。
これを演奏すると一気にフロアーがヒートアップします。
そしてバンドもブチ切れてそのまま「Long Train Runnin’」になだれ込み
収集つかぬほどのアホテンションになる場合もあります(笑)

さて、本日6/16(MON)は京都グリースで「Disco Soul Night」!
10人フル編成でダンスクラシックばかりを演奏する熱いライブです。
もしかしたらこの曲も飛び出すかも知れませんよ!

|