Blog Post

News from FAUN TIME
23 6月 2008

リトル・エヴァ「ロコモーション」

今回は女性Popsを。
この曲も必ずと言ってもいいほど演奏する名曲です。
そして違うアーティストにカバーされて、通算3回もTOP3に入ったという
バケモンみたいな曲ですね(笑)

まずはオリジナルバージョンのリトル・エヴァのバージョンから。
これは1962年のヒットナンバーですね。

Little Eva 「The Loco-Motion」

この曲は当時夫婦だったジェリー・ゴフィンとキャロル・キング(あの「Tapestry」の人です)に
よって書かれた曲で、このお二人は他にも
「Will You Love Me Tomorrow」(ザ・シレルズ)や
「Take Good Care Of My Baby」(ボビー・ヴィー)などのNo.1ヒットを書いておりました。

で、その二人の家にベビー・シッターとして来てたのが
この「ロコ・モーション」を歌ってるリトル・エヴァ。
陽気なおもろいベビーシッターだったエヴァはわけのわからん踊りしながら
家事をこなしていたらしく、それを見た二人は「おもろいやないかい」と
それにちなんだ歌を書き上げました。
ちょうど「ダンスの為の曲」に取りかかってた最中だったらしく
その汽車ぽっぽみたいな踊りをモチーフに書かれたこの「ロコ・モーション」。
「なあ、あんたちょっと歌ってみぃひん?」と気軽に陽気なエヴァに声をかけるおもろい夫婦。
(後年、離婚しましたが)

と、気軽に吹き込んだこのデモテープを、当時この夫婦を売り込んでた
ドン・カーシュナーというおっちゃん(?)がエーライ気に入ってしまい
「この子でいこ!この子で!」とまるで北新地のクラブの女の子を気に入って
ニュースキャスターに採用する某テレビ局幹部の様な勢いで
あれよあれよとエヴァにレコーディングさせ、
発売したこの曲が、なんとビルボード1位という快挙に(笑)

あっちゅう間にトップスターになった陽気なエヴァ。
テレビで同名のダンスもオンエアされだし、その効果も相まって
みんなに親しまれる名曲となったのでした。
リトル・エヴァは他にも
「Keep your Hands of my Baby」というスマッシュ・ヒットも放ってます。
ビートルズもカバーしてましたね!

この曲を演奏すれば、汽車のようにみんなで繋がってグールグルまわるという光景は
我々のライブでもよく見られます。
しかし、ホンマによく出来た曲ですねえ、この曲は。

そして1974年にはグランド・ファンクがカバーして1位に。
Grand Funk 「The Loco-Motion」

そしてユーロビート全盛の1987年にカイリー・ミノーグによって
またもやカバーされ、これはビルボード3位まで上昇しました。
Kylie Minogue「The Loco-Motion」

あとはエマーソン・レイク・アンド・パウエルによる変わったカバーもあります。

日本でも当時、伊東ゆかりさんがカバーしてましたね。
そしてオレンジレンジがリリースし盗作問題にまで発展してもめにもめた
「ロコローション」という曲もあります。
(後日、クレジットにゴフィン=キングの名前を入れる事で落ち着いたそうです)

いやー、さすが名曲にはそれに相応しいエピソードがあるんですね。
我々も敬意をはらって演奏したいと思います!

|